こんにちは!

 

たった10年であなたの自分年金をつくる

プレシャスマネー・アドバイザーの

新堀敦子です。

 

 

今回も『プレシャスマネー』の生徒さん

4人目の

シンデレラストーリーをお届けします。

 

 

〜〜〜〜〜

「お金のことは全部旦那さん任せだった妻が

手に入れた本当の安心」

桐谷 恵子さん(仮名 50代女性)

 

 

これまでお金のことが苦手で

家計さえ、

主人から食費と生活費を受け取るだけで

あとは主人に任せっきりだった私。

 

数字が苦手で、旦那さんに頼っている人は

他にもいるかもしれませんが…

 

正直言って、私は

主人の給料がいくらなのかも

うちに貯金がいくらあるのかも、

全く知りません。

 

苦手な数字を扱わずに済むのは

気が楽といえば、楽。

 

でもさすがにちょっと

無頓着すぎますよね。

 

 

そう、実は、心のどこかで、

「老後を考えると、

このままではダメかな……」

と悩んでいたんです。

 

 

私が悩みを深くしていたのには

もう一つ理由がありました。

 

主人は、数年前から

会社を経営しているのですが、

主人の様子を見ていると

どうやら財政が厳しいようで。

 

しかも、負債が相当増えているらしく…

 

先代から

「負債が増えたら会社をたたみなさい」

と言われていたにもかかわらず、

それでもまだ会社を続けている状況。

 

 

年齢的に、会社をたたんで

今から他の仕事をするなんて

考えられないのかもしれないけれど。

 

 

でももし、このまま状況が

悪化してしまったら……

 

 

到底払いきれない負債を

長年にわたって

抱えることになってしまったら……

 

 

私の手元には大したお金はないし

本当にこのままで、

私たち夫婦の老後は大丈夫なのかな……

 

 

考えれば考えるほど、不安は募るばかりでした。

 

 

「父が残してくれた遺産で
思い切って、投資をスタート

 

そんな日々を送っていた私の手元に、

急にお金が舞い込んできたのです。

 

 

それは、父の遺産でした。

 

 

父が亡くなり、遺品を整理していた時に

私のために残してくれた

遺産が見つかったのです。

 

スゴイ大金、というわけではありませんが

ある程度まとまったお金でした。

 

 

父が、私を思って遺してくれた、

大事な、大事な、お金。

 

 

もし、

銀行にただ預けておくだけにしたら?

 

いつの間にか、

生活費などの補填で

なくなってしまうかもしれない。

 

そう、これまでのお金たちと同じように

気づかないうちに、去って行ってしまう…

 

 

「父のためにも、自分のためにも

ちゃんとお金を残していきたい」

 

そう思い、

あっちゃん先生にコンサルをお願いしました。

 

 

繰り返しますが、

私は数字が、大の苦手です。

当然、投資なんてしたこともなく

「投資は怖いもの」と思い込んでいました。

 

でも、あっちゃん先生のことは

知人を介して知っていました。

 

実際にお会いしたこともあり

明るく優しい人柄で、とても信頼していました。

 

そう、投資をしていないにも関わらず、です(笑)。

 

 

まさか、私があっちゃん先生に

投資を教えていただく日が来るなんて、

自分でも驚きでした。

 

「あっちゃん先生から

アドバイスをもらえるなら怖くない!」

そう思い切って、投資をスタートさせました。

 

 

お金の話は『本当は身近で、おもしろい!』

 

こうやって、お金オンチの私の

お金の勉強&投資生活が始まりました。

 

ついていけるか心配だったのですが、

意外や意外、これが楽しい!

 

しかも、学び続けているうちに、

これまで疑問に思っていた

お金に関することが

何となく分かってきました。

 

また、経済とかお金の話は

「難しい」というイメージでしたが

「本当は身近で、おもしろいんだな」と、

関心を持てるようになってきました。

 

 

お金って、身近なもので、

もっと知るべきもの!

 

投資って、おもしろいもの!

 

どうしてお金の話って

学校で教えてくれないんでしょう?(笑)

 

 

お金オンチの私が、こんな気持ちになるなんて

かつての私に教えたら、驚いちゃいますね。

いや、信じてくれないかも(笑)。

 

 

そんな経済やお金の教養に目覚めた私は、

ある月は、投資で

月10万円以上の

不労所得を受け取ることができました!

 

 

投資初心者の上をいく

家計管理さえできなかった人間が、ですよ!

 

 

投資の機会を作ってくれた父も

きっと天国で、喜んでくれているはず。

 

いや、父はきっと

私にお金について学ばせるために、

そして不安のない老後を送れるように

あのお金を贈ってくれたんでしょうね。

 

 

父には感謝してもしきれません。

 

 

そういえば、最近、

あることを思い出したんです。

 

 

実は、プロポーズを受ける時に

私は主人に、こう言ったんです。

 

 

「いざとなったら、

私が養ってあげるよ!」と。

 

 

この約束も、近い将来

実現できるかもしれませんね!

 

~~~~~

 

恵子さん、ありがとうございます!

 

お父様の残された愛情と想いが、

恵子さんを助けて。

 

そして恵子さんの愛情が、

ご主人を助ける。

 

ステキですね!

 

愛情ってこういう形でも残せるんだなって

感激しました。

 

私も全力で資産を守り増やす

愛ある『プレシャスマネー』を

続けていきますね!

 

 

『プレシャスマネー アカデミー』の生徒さん5人目、

前田 里香さん(仮名 20代女性)のシンデレラストーリー

「某投資セミナーに参加したものの大部分の人が損失を出し、不安だらけに」